FC2ブログ

『死霊館』感想

『死霊館』感想。現在公開中の『死霊館 エンフィールド事件』を観に行くのに備えて、地上波で放送した前作を録画して視聴。いやーハラハラドキドキしながら観ました。向こうの怨霊はアグレッシブなんだよね。日本のと違って(笑)。

まず音が大きい。ドアが派手にバタン!壁バンバン!霊もはっきり喋る。来るぞ来るぞ……アレ?……来たァァ!!っていう期待を裏切らない展開で、退屈しません。いつもスリル満点!久しぶりにこういうの観て楽しかった。前回観たのが『残穢』だったので。知ってる人は違いが判るはず。

怪奇現象に巻き込まれるかわいそうな家族の他に、心霊現象研究家というエクソシスト的な人もいるので、ちょっと安心感もあり、わりと観やすいホラーなんじゃないかな。その人の奥さんが上品で優しくて、能力的にも頼れる人なのでかなり肩入れしました。

時代は1970年代なんだけど、当時の機材を駆使して霊を痕跡を記録するのが面白い。悪魔祓いも必要だけど、科学技術も必要。助手のドリューは次回も出てくるのかな。ちょっと気に入った。
この映画から学んだこと。広い家には住まない!一目で把握できるくらい狭い家にしておこう。


それにしても日本の霊は、陰湿だけど大人しいな。アメリカの霊は賑やか!洋画ホラーを堪能しました(笑)。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-07-24 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まみや海峡

Author:まみや海峡
基本マイナー好きです。

検索フォーム