FC2ブログ

『ジョンウィック:パラベラム』感想

『ジョンウィック:パラベラム』感想。前作ラスト直後から始まるので、いきなり窮地。タイムリミットは来ていないものの、通行人の中の殺し屋が目でジョンを追ってるのが怖い。殺し屋って世の中にいっぱいいるんだね、としみじみ思う。もちろんジョン目当てで集結してるというのもあるけど。

相変わらず独特で面白い殺し屋の世界。アカウント部のアナログでレトロな雰囲気が好き。タイプライター、認証スタンプ、手書きの黒板、放送によるカウントダウン。なぜかデジタルよりも緊張感が増す。「誓印」「聖域指定」など一般にはない単語も魅力的。

コンチネンタルホテルが好きなので、今回も出てきて嬉しい。1からお馴染みのコンシェルジュ、いつか絶対ガンアクションしてくれると思ってたけど、そのいつかがやってきたよ!かっこいいー!フロントの丁寧な対応も好きだけど、アクションもいい!背が高くて喋り方や佇まいが上品で最高。

新キャラの裁定人、背筋伸びてて表情一つ変えないところがクール。髪もベリーショートで冷徹さが際立つ。ハル・ベリー演じるソフィアもかっこいい上にジョンと同じく愛犬家だった。マフィアはそろそろ「人の犬に手を出さないほうがいい」と学ぶべき。たいてい壊滅の道しかない。

ジョンのガンアクションがすごいのは当たり前として、この映画の見所は銃以外のものを使った他にはないアクション。前回はウワサの鉛筆が出てきたけど、今回もその辺にあるもの何でも使う!あとは「馬、強い…」「犬、強い…」と呆然とすること間違いなし。

ニューヨーク以外の異国情緒が味わえるのも楽しい。ロシア系の劇場、モロッコのホテル、砂漠、日本のヘンテコ寿司屋…これはちょっと物申したい(笑)。あと組織側のメインの殺し屋、実は真田広之にオファーが来てたけど、都合が合わなかったと聞いて私は大いに駄々をこねた。見たかった!

音響のいい映画館で観たせいか、銃声もいろんな方向から聞こえて臨場感あったなあ。ゴツい銃は銃声も腹に響く。敵の防弾技術も日々進化してるとのことで、当たった時ガチッて音がして、確かにあまり効いてなさそうというのがよくわかる。そんな中でのジョンの対応も見応えがあった。

たまに共闘できる相手はいるものの、やっぱりジョンはどこまでも孤独だった。世界中を敵にまわしてまでジョンが戦うのは、生きたいからではなく妻との思い出を守りたいから。それだけなのになあ。ジョンに安寧は訪れるのか。とにかく最後まで犬と一緒にいてほしい。

ここからジョン・ウィック:パラベラム、ちょっとネタバレ感想。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2019-12-19 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『イットThe end』感想

『イットThe end』感想。前作では子供たちの瑞々しい演技が高評価だったけど、今作も回想シーンがふんだんにあるので、またあの子達に会える!そして大人のキャスティングは見事だった。赤の他人のはずなのに、絶妙に面影がある!大人側が前作の子供達の演技に寄せてるのがまた嬉しい。

個人的にジェシカ・チャスティンは元々知的な顔の女優で好きだったので、今回の出演はもうガッツポーズです。ちゃんとベバリーだよ!ベンは体格を大幅に変えたのに、笑った顔がちゃんと子供の時みたいに目が細くなって、うわ上手いなあと思った。演技もキャスティングも。エディの早口、そのまんまだ…。懐かしい。

今回もペニーワイズは大忙し。子供時代の回想と大人達の現在の両方に出演しなければならない。けど大人の方は他の怪異がちょこっと手伝ってくれたりする。これが意表を突かれたというか…怖かったよ…(泣)。なんか一つ異様なのがあってね…。別のホラー映画の主役張れるそうなほど不気味だった。

大人になった今も、一人ではペニーワイズに敵わない。他の仲間が駆けつけて手を貸してくれて、やっと立ち向かうことができる。仲間同士で助け合うのは子供も大人も変わらなかった。ホラー映画だけど、懐かしさと仲間がいる安心感が味わえる青春映画でもある。

それぞれが過去のトラウマや、解決していなかった問題に向き合うシーン。ビルのエピソードは切なかった。27年も経たなければ自分を許せなかったんだな…。ベバリーは、ただ単に憎めたらどんなに楽だっただろう。スタンの演説が一番感動した。この映画の核は「負け犬達の勇気」だった。

ここから#イットTheEND のネタバレ。叫びたいことがあるので。やや長文。


続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2019-12-19 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

まみや海峡

Author:まみや海峡
基本マイナー好きです。

検索フォーム