FC2ブログ

『クリミナルマインド2』感想


 『クリミナルマインド2』感想。
 最初っからネタバレ全開なので、OKな人だけ続きからどうぞ。










 エルが助かって、復帰して、ああ良かったーと思ってたけど、やっぱり無理だったんだね…。仕方ない、あんな危険な目にあったんだから。(おそらく)恐怖と怒りから囮捜査で冷静さを保てず、そのせいで犯人を正式に逮捕できず、野放しにするのを許せなくて、一線を越えてしまった。現場復帰が早かったのかもしれないし、もう傷は一生癒えないのかもしれない。FBIを辞めた後、エルはどうなるんだろうなあ。気になる。残念。

 入れ替わりに入ったエミリーは、控えめだけどやる気に溢れていて、才女!って感じ。外交官の娘という肩書きは、コネには使わないけど、育ちの良さに繋がっていると思う。
 そして意外とエルより冷静。エルは事件に入れ込みやすいけど(特に女性被害者の事件に)、エミリーはたぶんどの事件にも同じ熱意で臨むんだろうなあ。良識があるし普通に優しいんだけど、凄惨な事件でも動揺はしない。15話で「割り切ってしまう」と本人も言っていたし。
 で、エミリーが「オタクなの」と言っていたあれはSF小説?スタートレックみたいなものなの?かわいい(笑)。

 シーズン2では結構メンバーのプライベートや生い立ちが分かるエピソードがあって面白かった。
 JJはあんなに可愛くて華やかな顔立ちなのに、性質はとっても真面目で地味。田舎町でサッカーに打ち込んで、まっすぐ素朴に育ったんだなあ。地元での事件で、奨学金をもらうようなスポーツ少女は遊びも家出もしない、と断言し、プロファイルにも一役買っていた。
 彼女は広報担当であってプロファイリングはしないんだけど、知識と判断力はプロファイラー並みにあると思う。めちゃ有能。たまに現場捜査に行かずにガルシアとお留守番してるのが微笑ましい。モーガン・ガルシアのコンビもいいけど、こっちも楽しいな。

 モーガンは、何もしなくても最初からナイスガイでモテて何でもできるんだと思ってた。でもそうじゃなかった。辛い過去があっても諦めず自棄にならずに自力でここまで来た。ほんと、「モーガン!!!(泣)」ってなったな~。
 ガルシアとのやり取りは相変わらず。でもシーズン最後のほうのホッチのセリフを聞くと、モーガンの軽口はガルシアをリラックスさせるために言ってるのかな、と思えなくもない。ガルシアのメンタルは捜査官より一般人に近いから、現場じゃなくてPC部屋にいたって、猟奇殺人を調べるのは怖いだろう。

 リードにとっては試練というか災難なシーズンだった…。しかしこの先も1シーズンに1回はこういうことがありそうな…(汗)。回想シーンのちびリード見て、この頃からすでに統計大好きだったのね、と納得。
 そしていつも仕事ばっかりで遊ぶ様子がないのに、トラウマに悩んで迷ってたぶん人生初サボリ。職場以外の友達と話して、少し冷静に考えられたんじゃないかな。きちんと戻ってきて良かった。
 
 ホッチは絶対今シーズン中に離婚するかなと思ったんだけど、意外としなかった(笑)。いや、奥さんが耐えられなさそうな気がして。どっちもかわいそうだよね。もう少し人員増やして仕事減らせないのかな。
 15話の一件では図らずもメンバーに自分の欠点を挙げさせるということになってしまって、観てるこっちも「あちゃ~」という気分に(笑)。でもリードの居場所特定の重要なステップだったからね!まあ、融通の利かないやたら厳しい父親ポジションも必要です。

 ガルシアは基本PCの前にどんと構えているんだけど、今シーズンは珍しくお出かけシーンが!そういうの観るとちょっとテンション上がる(笑)。自分の城から出ての捜査はちょっと怖いだろうな。特に最終話のギデオンとの合流は。メンバーからの電話にいつも明るく応対してるけど、決して凄惨な事件に鈍感というわけではないから、彼女なりに強がって頑張っているんだろう。
 リードが気落ちしてる時に、外へ連れていくシーンもすごくレアで、「おお!」と思った。ガルシアが、屋外にいる!!これからもこういうの観てみたいな。
 ボーナスコンテンツで、ガルシア役の人のインタビューがあったけど、役と変わらない!そのまんま!たぶんプライベートの服装も大して変わらないんじゃないか(笑)。しかし昔は痩せていたという衝撃の事実。いやー昔も美人でいいんだけど、今の方が愛嬌があってガルシア役には絶対こっちのほうがいいよ。

 ギデオンは……最終話の事件がきっかけで辞めちゃうの?まだ先を観てないので分からないけど、もう仕事を続けられないんじゃないかと思うほどひどかったよ、最後の事件は。自分の知り合いというだけで、自分が助けたというだけでシリアルキラーに標的にされるなんて、自分のせいじゃないと思おうとしても絶対自分を責めてしまう。だから……シーズン3のパッケージにギデオンいないんでしょ?(泣)
 メンバーのみんなが迷ったり悩んだりすると、必ずギデオンかホッチが気付いてさりげなくアドバイスしたりするんだけど、ギデオンがどん底になったときは一体どうするんだろう。

 エピソードについての感想。BAUメンバーも好きだけど、各事件に出てくる地元警察の人もそれぞれいい味出している。21話『殺人ハンター』の保安官が、初めて被害者遺族に訃報を告げるときは、「はじめてのおつかい」を見守るようにハラハラしてしまった(笑)。事前にJJにアドバイスをもらって、その通りにするんだけど、ひとつも上手くいかなくて保安官涙目。
 このエピソードの被害者がまた印象的。犯人はハンターで、山の中に被害者をわざと逃がし、ボウガンで狩りをするように獲物を追い詰める。被害者女性は最初逃げるんだけど、途中から犯人に立ち向かおうとするのがすごかった。普通怖ければひたすら逃げることしか考えない。この女性は登場当初からなんかとっても喋り方が賢そうで、意志の強さを感じさせた。
 犯人に自分が逃げ惑っていると思うように仕向け、陰でじっと待ち伏せ、敵の不意を突く。その思慮深さと思い切りの良さは、どこのサバイバル映画の主人公ですかってくらい逞しかった。いやー忘れられないよ。

 黒人の少女連続殺人事件の担当刑事さんも、いい人だったのに…(泣)。逆にモーガンを犯人扱いする刑事さんは、やな人だったなー。プロファイルを参考にするのは当然だし、いつもはそれがピタリと犯人に一致するんだけど、この時ばかりは「モーガンが犯人なわけないじゃん!」とプロファイルが邪魔になったなあ。

 犯人はたいてい酷いシリアルキラーなんだけど、『救難信号』の事件の犯人はかわいそうだった。これはもう偶然に偶然が重なっておきた悲劇のようなもので、むしろ犯人が被害者だった。撃たれながらも少年の安否を必死に尋ねる犯人が切ない…。
 
 ボーナストラック感想。各キャストのインタビューはやっぱり面白い。ギデオンって普段ぼそぼそ喋るのに、役の人はめっちゃはっきり口動かして喋ってる!違和感!他の人はそれほど喋り方違わないんだけど、ギデオンだけすんごい違うよ。
 JJとガルシアは役の外でも仲良し。楽しそう。モーガンの人の演技には私も涙目だったよ。自分専用のエピソードで評価してもらえると、役者冥利に尽きるだろうなあ。ガルシアのお出かけは他のメンバーにも新鮮だったらしい。「ガルシアが歩いてる!」と驚きの声が(笑)。

 NGシーン集も楽しかったー。シリアスなシーンの直後に公園のシーソーに飛び乗らないでください、ギデオン。リードも一緒にめっちゃシーソー漕いでるし。エミリーが真面目な顔のまま「…間違えちゃった」と続けるのもかわいい。ギデオンのメガネ、片手でかけるのは難しいよね。あれは両手使っちゃいけないんだろうか。がんばれギデオン。シリアスなシーンだからといって、何でもすんなり成功するとは限らない。誰かすっ転んだり、警察官が銃を構えたままドアに挟まったり。何気ないシーンでもみんなががんばってNG出さないようにしてるんだろうな。ご苦労様です。でも来シーズンも楽しいNGお待ちしてます(笑)。

criminal2

スポンサーサイト



テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2013-12-21 : ドラマ : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

久しぶり、まみやさん! メリークリスマス! もうすぐ、この年が終わりですね。

まみやさんはドラッグ オン ドラグーンが好きですね?先の土曜日はDOD3の発売日です。私、まだDODのゲームは遊びませんですが、ニーア ゲシュタルト/レプリカントが大好きです。たぶん、来年にDOD1を買いましょう!まみやさんは、ニーアが遊びましたか?
2013-12-25 17:04 : ゆうみ URL : 編集
お久しぶりです、ゆうみさん。ほんとに、もうすぐ一年が終わっちゃいますね。
DOD3は、CMを見て「!!?!」となったのですが、うちにはPS3が無いので、
当分できそうにありません(泣)。そんなわけでニーアもやってないんです。
いつかPSP版でも出てくれないかなあとのん気なことを考えています…。
2013-12-28 20:11 : まみや URL : 編集
あぁ、PS3が無い、本当に残念ですね。でも、もうすぐPS4の日本の発売日があります。後で、PS3がプライスダウンかな。
2013-12-30 03:25 : ゆうみ URL : 編集
あけましたおめでとうございます、まみやさん!
2014-01-01 07:55 : ゆうみ URL : 編集
あけましておめでとうございます、ゆうみさん。
ゆっくり更新のサイトですが、今年もよろしくお願いします。
2014-01-02 17:25 : まみや URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まみや海峡

Author:まみや海峡
基本マイナー好きです。

検索フォーム