FC2ブログ

『ジョンウィック:パラベラム』感想

『ジョンウィック:パラベラム』感想。前作ラスト直後から始まるので、いきなり窮地。タイムリミットは来ていないものの、通行人の中の殺し屋が目でジョンを追ってるのが怖い。殺し屋って世の中にいっぱいいるんだね、としみじみ思う。もちろんジョン目当てで集結してるというのもあるけど。

相変わらず独特で面白い殺し屋の世界。アカウント部のアナログでレトロな雰囲気が好き。タイプライター、認証スタンプ、手書きの黒板、放送によるカウントダウン。なぜかデジタルよりも緊張感が増す。「誓印」「聖域指定」など一般にはない単語も魅力的。

コンチネンタルホテルが好きなので、今回も出てきて嬉しい。1からお馴染みのコンシェルジュ、いつか絶対ガンアクションしてくれると思ってたけど、そのいつかがやってきたよ!かっこいいー!フロントの丁寧な対応も好きだけど、アクションもいい!背が高くて喋り方や佇まいが上品で最高。

新キャラの裁定人、背筋伸びてて表情一つ変えないところがクール。髪もベリーショートで冷徹さが際立つ。ハル・ベリー演じるソフィアもかっこいい上にジョンと同じく愛犬家だった。マフィアはそろそろ「人の犬に手を出さないほうがいい」と学ぶべき。たいてい壊滅の道しかない。

ジョンのガンアクションがすごいのは当たり前として、この映画の見所は銃以外のものを使った他にはないアクション。前回はウワサの鉛筆が出てきたけど、今回もその辺にあるもの何でも使う!あとは「馬、強い…」「犬、強い…」と呆然とすること間違いなし。

ニューヨーク以外の異国情緒が味わえるのも楽しい。ロシア系の劇場、モロッコのホテル、砂漠、日本のヘンテコ寿司屋…これはちょっと物申したい(笑)。あと組織側のメインの殺し屋、実は真田広之にオファーが来てたけど、都合が合わなかったと聞いて私は大いに駄々をこねた。見たかった!

音響のいい映画館で観たせいか、銃声もいろんな方向から聞こえて臨場感あったなあ。ゴツい銃は銃声も腹に響く。敵の防弾技術も日々進化してるとのことで、当たった時ガチッて音がして、確かにあまり効いてなさそうというのがよくわかる。そんな中でのジョンの対応も見応えがあった。

たまに共闘できる相手はいるものの、やっぱりジョンはどこまでも孤独だった。世界中を敵にまわしてまでジョンが戦うのは、生きたいからではなく妻との思い出を守りたいから。それだけなのになあ。ジョンに安寧は訪れるのか。とにかく最後まで犬と一緒にいてほしい。

ここからジョン・ウィック:パラベラム、ちょっとネタバレ感想。



序盤の骨董品店での戦闘で、ナイフ投げ過ぎで面白かったんだけど、戦闘が進むにつれて背景がナイフコーナーから斧コーナーに変わっていくのが、なんかもうお笑いの前振りのようでよかったよ。
シリアス一辺倒ではなく、アクション中もたまにおかしいシーンが入るのが、ジョンウィックの見どころ。

あの寿司屋の暗殺者ゼロ(というらしいけど作中名前は出てこない)、どこの国の人だろうと師匠と話してて検索してみたら、なんと『ジェヴォーダンの獣』のマニ役の人だったことがわかり、二人で軽く混乱に陥った。

「いや、顔違う!違う人に見える!」「そもそもインディアンの役だったから、日系のイメージないんだけど」「でもよく見れば面影があるかな」「前は筋肉すごかったし、今回はだいぶシュッとしてる」など、映画後のお茶で散々マニの中の人について話してしまった。私達、どんだけマニが好きなんだ。
ちなみに『ジェヴォーダンの獣』は二人で観に行ったわけではないのに、当然のように二人とも履修しているのであった。

ソフィアが元ボスのところから一応穏便に帰ってくるつもりだったのに、犬を撃たれた時点でもうマフィア壊滅決定。「私の犬を撃った!」と激昂する彼女を見るジョンは、完全に「わかる…」という顔だった。
犬のアクションすごかったなあ。速いし噛みついたら離れないし、ソフィアと連携して結構高いところにジャンプできるし、犬強いよ。

終盤のホテルでの戦闘、敵の防弾服がすごくて苦戦してる中、ジョンは敵に接近してとにかく倒してヘルメットと服の隙間に銃口ねじ込むの容赦なさすぎ。たしかにそこからしか撃てない。銃は近接武器!

主席連合の首長に会いに行くあたりはどこかおとぎ話風で、都会での銃撃戦から別世界へ来たようだった。
連合の掟、聖域指定のホテル、独自の通貨、アナログなアカウント部。現実から一歩裏へ入ると殺し屋の世界になる。この世界観を作り込んでいるのが『ジョン・ウィック』の大きな魅力だと思う。
次回作も殺し屋の世界を楽しみに待ってます。

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2019-12-19 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

まみや海峡

Author:まみや海峡
基本マイナー好きです。

検索フォーム